前へ
次へ

不動産の個人売買を実行する利点

不動産の個人での売買の利点は大別すると2つ存在しています。
まず、会社に支払うことになる仲介手数料金が生じないことがあります。
さらに、 売却に求められる消費税を払うことが求められない ことです。
個人売買においては、あらためていうまでもなく、不動産会社は使用しないため、払う仲介手数料を払うことが求められません。
宅地建物取引業においては、不動産に支払うことになる仲介手数料に関しては、売却する額が400万円をオーバーするケースで、 仲介手数料は売却額×3%プラス60000円 を仲介手数料の上限と規定しています。
こうした高い額面の仲介手数料そのものが節約することができるというのは非常に大きなアドバンテージです。
それに加えて、不動産の個人売買に関しては、消費税自体が課税される必要な条件の1つ事業者が事業という形で実行するものであることに当てはまらないことから、消費税が課税されることはありません。

Page Top