前へ
次へ

不動産売買における直接取引の魅力

不動産売買をするときには仲介と直接取引の二つから方法を選ぶことができます。
一般的なのは不動産会社に相談して仲介してもらう方法で、売りたいときには買い手を探してもらい、買いたいときには売り手を探してもらえるのが特徴です。
高く売れたり、安く買えたりすることが多いのが特徴ですが、売買に至るまでの期間が長くなってしまいがちなのが問題として知られています。
その点で魅力的なのが直接取引で、相手さえいればすぐに取引ができるのが特徴です。
知人が持っている土地が欲しい、自分の持っている家に親戚が興味を示しているというようなときには直接取引をすればスムーズです。
そのような候補がいない場合にも不動産会社に相談すれば取引できることがよくあります。
買取を専門にしている業者もあれば、自社物件を売っている業者もあるからです。
仲介手数料がかからないというメリットもあるので、すぐにでも売買をしたいというときには直接取引で進めるのが賢明と言えます。

条件からマンション検索
北九州でのお部屋探しはアンサー倶楽部まで

住宅ローン 秦野

安心の注文住宅を橿原の地でご提供
地域密着の工務店がお届けいたします

Page Top