前へ
次へ

不動産売買の媒介契約の種類

不動産売買においての媒介契約というのは、専門業者が依頼する売主に代わって相手を探すまでのことです。
そして、契約そのものは売主が自分自身で実施することをいいます。
その契約の取り交わしのことを媒介契約と言うのですが、これに関しては大まかに分けると2タイプがあります。
まず、一般媒介があります。
一般媒介契約と言いますのは、不動産売買の売主定の依頼する者がいくつかの会社へ積み重ねて依頼を実施することができる契約システムをいいます。
このようにすることで、一層たくさんの人が物件に関する情報を閲覧することが可能なため、契約の取り交わしの相手方が発見しやすくなります。
また、専任媒介があります。
専任媒介契約というのは、売主の依頼する者が別の会社へ媒介をお願いをすることを禁止とする契約システムという特性があります。
簡単に言うと一般媒介契約とは違って、いくつかの会社にお任せすることはできず、ひとつの業者にしか委ねられない契約スタイルに該当します。

Page Top