前へ
次へ

不動産売買ではセール品はない

不動産の売買、法人ならば不動産投資であったり、それこそタウン整備事業まで幅広いものですが、個人向けならば土地の売買やマイホームが一般的に行われているのではないでしょうか。
特に、マイホーム計画では建て方のみならず、買い方もポイントです。
セール品や割引された商品があるワケではありません。
それこそセール品ならば、瑕疵、中古などのマイナス面ばかりがチラつき、売れ残ることもあるのではないでしょうか。
不動産売買とはいっても、数万円や数十万円という賃貸物件とは異なり、少なくとも数百から数千万円ものお金の流動性があります。
失敗したくないからこそ、セールや割引という商品が販売されてはいないのです。
買い方として第一に、資金計画という準備が必要です。
ポンと出せるのは、親からの援助や貯蓄による内容です。
大概は、金融機関から融資を受け、住宅ローンを組むのですが、返済できるか否か、この点で融資が通るのかが決まりますから、やはり物の売買は慎重にならざるを得ないようです。

Page Top